オステオポンチン 老化を進める悪玉物質。

悪玉物質名オステオポンチン(蛋白質の一種)による目に見えない炎症が徐々に老化を進めるのだそうです

免疫細胞の異常がオステオポンチンを過剰生産体のあちこちで炎症を引き起こす 内臓脂肪が多い程免疫細胞の異常を引き起こしやすい

スポンサーリンク

オステオポンチンとは?悪玉物質!?

オステオポンチンというやつが、老化やあらゆる不調を起こす悪玉物質らしい。それは、免疫異常があるとオステオポンチンが増えやすいという。

科学者によるとまだ研究中とのこと。

基本的にメタボの方に多いそうなのですが、昔太っていたけど今は痩せているから大丈夫か!と思っても実際は落とし穴があるのだとか・・・。

痩せたとしてもオステオポンチンは減少せずそのまま体に残ったままだというのです!

これはちょっとびっくりですよね!

スポンサーリンク

オステオポンチンの改善方法は?

オステオポンチン 老化を早める悪玉物質😨 体、肌、血管、髪とあらゆる部分の老化に関わってるって 内臓脂肪が多いと免疫細胞に異常を来たし、この悪玉物質が増える 改善方法の一つとして 不飽和脂肪酸の多い油(オリーブオイルなど)を摂取することが挙げられる

科学者が言うオステオポンチンの発生を抑制する方法は、

⑴腸内環境の改善、⑵動物性油を控える、⑶ストレスをためない